株式会社Global Arch

Global Archコラム

2019.1.29

◇ 中小企業で社員食堂を入れるには?

こんにちは。東京を拠点に食堂運営・仕出し弁当を手がけているグローバルアーチです。

グローバルアーチでは社員食堂の運営だけではなく、
社員食堂の導入サポートも行っています。

最近は中小企業でも社員食堂を取り入れたいという会社が増えてきています。
社員食堂は社員間のコミュニケーションの場にもなりますし、
健康面でもプラスに働き、実は離職率の低下にもつながります。

社員食堂を導入するための注意ポイント

1、厨房の広さ
厨房は狭くても不便ですが、広すぎるのも移動距離が長くなってお勧めできません。
できるだけ移動距離を少なくする事が厨房のポイントです。

2、厨房機器の動線
食器を返すところから、洗い場、食洗機、乾燥させる場所、食器棚が
一つの動線になっていることで作業効率がとても上がります。
また、注文カウンターに対して机を横向きに置いてある厨房が多いのですが、
注文カウンターに対して縦向きにする事で
厨房の奥からの行き来がしやすくなるため、これもまた作業効率が上がります。

3、看板の工夫
スムーズな注文を促すために、看板の配置や写真の設置の仕方はとても重要です。
実はメニュー掲載の仕方一つで、行列をなくす事ができます。

4、内装の工夫
食堂は殺風景な場合が多いですが、
造花でも花を入れたり、床に暖色のシートを引くだけでも空間が明るく見え、
料理ももっと美味しく感じられます。

 

これらは私たちが食堂を運営しているからこそできるコンサルティングです。
設計会社に全てを任せるのではなく、私たちではなくとも
実際に食堂を使う立場の人間の声を取り入れることは、
社員食堂を導入する際にはとても重要です。

 

私たちグローバルアーチは日々を働く会社員の方を、
見た目、味、栄養、と多方向からサポートします。
働く忙しさで食事にまで気を配れなくなっている社員が多いと感じられたら、
食堂運営会社・グローバルアーチに一度ご相談ください。
社員食堂導入のサポートから丁寧にご案内させていただきます。

  • アーカイブ

  • カテゴリー