株式会社Global Arch

Global Archコラム

2019.1.29

◇ ウチの仕出し弁当が売り切れた理由

こんにちは。東京を拠点に食堂運営・仕出し弁当を手がけているグローバルアーチです。

弊社は横浜市で仕出し弁当をやっています。
日本で唯一の仕出し弁当・食堂運営のベンチャー企業を称しています。

そんな私たちが今までこだわってきたこと

・ご飯は弁当を販売するその場で炊飯器からよそう
・ドレッシングを複数用意する
・温かい味噌汁を提供する
・メニューが毎日被らないようにしている
・半熟トマトのハヤシライス、カレーなど、弁当の枠を超えた料理を提供する
・大盛無料
・雨の日スタンプカードが5つたまると1つ無料
・フレンチ、ラーメン屋、中華イタリアンなどのシェフが商品開発
・唐揚げ・カレーも前日から仕込む
・ダシもインスタントを使わずイチからとる

など、普通の仕出し弁当の域を大きく超えることをモットーにいろんな施策を続けています。

会社設立1年ですが、それでも色々な場所から引き合いをいただくようになりました。
でも、毎日は売り切れるわけではありませんでした。

そんな中で、
弊社の仕出し弁当が一つの変化によって、毎日売り切れるようになりました。

それは何か。

弁当箱の色です。

この2枚を見比べてください。

元々が黒い弁当箱。

これが新しい赤い弁当箱です。

これだけでもすごく美味しそうに見えますよね!
料理は変えていないのですが
毎日売り切れるようになったのです。

やはり料理というものは、料理そのものが美味しいことは大前提として
口で食べるのと同時に、頭で食べる部分もあるのだなと思います。

目で見て「美味しそう!」「楽しい!」
そんな感覚を感じられるような仕出し弁当を、
私たちグローバルアーチはこれからも追い求めて行きます。

仕出し弁当を導入していただく際には、内容や味付けなど、
お客様の会社のご要望によって柔軟にカスタマイズいたします。
導入後にいただいたご要望にも、即対応させていただきます。

仕出し弁当をご検討の際は、ぜひグローバルアーチへお問い合わせください。

  • アーカイブ

  • カテゴリー